事故に強い弁護士

交通事故で怪我をした場合には、被害者は加害者から治療費などを含めた損害賠償を請求することができます。また、一定期間治療を継続しても痛みや障害が残ってしまった場合は、後遺障害の申請をして認定されると傷害としての損害賠償の他に、後遺障害として新たに損害賠償が支払われます。 交通事故の後遺障害は、自賠責保険によって症状に合わせて細かく等級が定められています。後遺障害と認定された場合には、等級に応じた慰謝料等の額と後遺障害がなければ得られたはずの収入分が支払われるようになっています。 しかし、自賠責保険では支払いの上限額が決められているので、それ以上の損害賠償を求める場合は、専門家などに相談して示談交渉を行うことが大切です。

交通事故による後遺障害の申請をするには、事前認定と被害者請求という2通りの申請方法があります。 事前認定とは、加害者側が任意の自動車保険に加入していた場合に、保険会社の担当員が申請をしてくれる方法のことで、被害者請求は被害者自身が申請をする方法になります。 事前認定の場合は、相手側が全て行ってくれるので手間が省けるというメリットがありますが、等級認定が認められても支払いは示談成立後になります。 被害者請求の場合は、申請の手続き等は全て被害者側が行わなければいけませんが、認定された場合は示談を待たずに自賠責限度額を支給してもらえるというメリットがあります。そのため、交通事故に強い弁護士等に依頼する費用などにあてることもできるようになります。